FC2ブログ
白内障と緑内障のダブルパンチ

白内障と緑内障のダブルパンチ

Superpagesへのご訪問ありがとうございます!

今日のお題は?「目の病気 白内障と緑内障」です!
本日のラインナップは・・・



 目次


  1. 白内障
  2. 緑内障
  3. ドライアイ
  4. 今日のまとめ




 白内障


終活モードで、いろいろ書きとどめようと思っていましたら、「なんだか焦点が合わないなぁ~」とこの数ヶ月感じるようになりました
よく眠れていないし、眼精疲労かな?と思っていたのですが、眼鏡も新たに作らなくてはと思い、久しぶりに眼科の診断を受けて調べてみてもらうことにしました!

そうしたら、ガーン!
「やや白内障が進んでいるみたいですね」とドクター
えっ?
白内障って、かなり老人の方の病気ではなかったの?
白内障は水晶体が濁ってしまう病気で、主に加齢によって発症することが多いのですが、糖尿病の方も進行に拍車がかかりますね
目がぼやけたり、眩しく感じたりと、日常生活に支障がでてきます

その上、「んんんー どうも緑内障の疑いもありますねぇー」と追い打ち・・・💦
詳しく検査をしてもらうことになりました!

詳細な検査を受ける可能性があるなら、家族や知人に車の運転をしてもらったり、あるいは電車で行くなら付き添ってもらうほうようお願いしたほうが良いです

というのも、検査をするときに瞳孔を開く




 目がかすむ? 白内障かも?


 今までと見え方が違うと感じたら、眼科で診ていただくのが、一番です!
目がかすんだり、よく見えなかったりすると、肩こりを引き起こしたり、頭痛の原因ともなります



 白内障の手術


一昔前は、白内障の手術で入院することが一般的でしたが、最近は日帰りでもできるようになりました!
超音波白内障乳化吸引術が一般的に用いられる方法です😄
保険診療内で日帰り行うなら、1割負担で約2万円以下、3割負担で約6万円以下ほどかかります

保険診療内で行う場合には、レンズは遠方または近方のいずれかをチョイスすることになります
手前も遠くも見えるようになりたいなら、自費になりますが、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」という方法があります
自費だけあって、片目で約50万ほど💦
ただし、もし貴方が生命保険などに加入されたとき、高度医療特約などをつけておれれば、もしかするとカバーされるかもしれませんので、お問い合わせになることをオススメします

ただ、多焦点眼内レンズを用いると、夜間にライトが眩しく見えたりする現象も起きるようですので、デメリットの部分も先生とよく相談してお決めになるほうが良いです

また、先にレーシックの手術をされている場合には、その点も先生にお話して、水晶体再建術が可能であるか?
どの程度、矯正できるのかをじっくりと相談する必要があります



 後発白内障


基本的に、一度白内障の手術を受けてしまえば、二度と白内障にはなりません
けれど、例外があります
それは、水晶体の前方の細胞が増殖し、眼内レンズのうしろの方まで増え、濁って見えにくくなる「後発白内障」です
手術で入れた「眼内レンズ」そのものは、濁るわけではないのですが、見えにくくなってきます💦
母もこれで再度手術をしました
とっても簡単な手術で、日帰りでやってもらえました😉




 緑内障


白内障だと思って眼科の診断を受けたのですが、自分は緑内障ではないと思ったのには、ファイザーのサイトでできる簡単なテストで、緑内障の症状がでていなかったからです

ちなみにこんな↓感じ
https://www.ntg40.jp/selfcheck/



 視野が狭くなった? 緑内障かも?


40歳をすぎると、日本人の20人にひとりが罹患し、失明の恐れもあるという怖い病気です
怖いというのは、なぜかというと、気が付かないことが多いんですよね
それなのに、緑内障というのは、一度視神経に障害を受けると、二度と元に戻らないっという病気!!

私もでした💦

緑内障は、眼圧の上昇などによって視神経になんらかの支障をきたすものです
40歳を過ぎたら、眼圧、眼底、視野検査など簡単な検査なので、面倒がらずに検査をすることをオススメします^^



 緑内障の手術


昔は、緑内障には治療の手立てがなく、白内障のように手術で簡単に治せるものではありませんでした
けれど、今や眼圧を下げるためのさまざまな治療法が日進月歩ですすみ、「緑内障=失明」という概念は薄らいでいます

日本人の平均眼圧は14.5 mmHgで、正常の眼圧は10~20 mmHgくらいと言われています
早めに治療を開始し、点眼液、レーザー治療、手術などで、失明しないようにメンテナンスをしてゆかなくてはなりません
あくまでも進行を遅らせるというスタンスの治療法であることに変わりないのです




 ドライアイ


加齢とともに、罹患率が高くなる白内障と緑内障のほか、若い方も注意しなくてはならないのが、「ドライアイ」
単純に目が乾燥するというだけではない病気です💦
もしかすると、白内障、緑内障そしてドライアイ、これらをトリプルで患っているような場合もあるかもしれません

ドライアイは、状態を表す言葉ではありますが、れっきとした病名なんですね
これが!

目がしょぼしょぼしたり、角膜に傷をつけやすい状態になってしまうドライアイは、パソコンやスマホを長時間使用する人や加齢に伴ってあらわれます

点眼薬の中に含まれる防腐剤などによっても、引き起こされることがあるそうなので、目薬の選び方にも注意したいところです
日頃、室内での作業では、エアコンの吹き出し近くにならないようにする他、加湿器などを利用することも、ドライアイの方にはオススメです♪

症状が辛い方には、「ドライアイ専用眼鏡」などもありますよ~




 今日のまとめ





  • 目が見えにくくなったら、眼科で受診を!
  • 緑内障は怖い病気!うまく付き合おう!
  • 白内障の手術は日帰りでもできる!




今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました (^^)/
ブログ管理人からお礼申し上げますm(__)m



目次へ戻る / TOPへ戻る


関連記事

0 Comments

Post a comment